自社で賄う方法と外部委託する方法の特徴を比較!ビジネスマナーはどう学ぶ?

社員教育はきちんと行うべき

社会人になったばかりの新人は、当然ですが電話のビジネスマナーも全くありません。そのため社員教育は、彼らの今後の将来を決めるだけではなく、会社にとって社員のクオリティを向上させるためにも欠かせません。また、良い社員教育を行う事で、社員1人1人のモチベーションも上がり、エンゲージメントサーベイにも良い結果をもたらす事でしょう。

外部委託をするのも良い

会社が忙しくて、思うように社員教育をする余裕が無いという場合には、外部委託をしても良いでしょう。ビジネスマナーのプロに徹底的に教育をしてもらったほうが、電話対応も格段と良くなります。また、電話に対する苦手意識も無くなりますので、自分に自信を持つことが出来ます。外部委託をしてビジネスマナーに力を入れている会社は、社員の会社に対する評価も高いため、エンゲージメントサーベイの評価も良い会社だと言えます。

エンゲージメントサーベイの向上と顧客満足度の関係

PCを操作する人

顧客満足度をアップさせるために

電話対応のスキルは、顧客満足度をアップさせるために欠かせません。そのため、ビジネスマナーをきちんと身に付けて、顧客対応力をアップさせる必要があります。ビジネスマナーがしっかりと身に付いていませんと、お客様のクレームに繋がったり、最悪の場合、業界内で良くない評判が広がるリスクもあります。特にネット社会では、
お客様の口コミが重要な影響力を持っているということを理解しておきましょう。

従業員のスキルアップを目的とした研修

電話のビジネスマナーは、一見すると仕事に関係ないからといって、深く考えない人が多いのですが、実はそんな事はありません。従業員のスキルアップを目的とした研修を意欲的に行っている企業では、何よりも電話やメールのビジネスマナーを意識しているところが多いのをご存知ですか。また、研修が充実する事で、エンゲージメントサーベイにも良い影響を与える事が出来るでしょう。

組織の問題点を改善する施策

エンゲージメントサーベイは、組織全体の意識をまとめる調査になるため、組織が今、どんな問題点を抱えているのかというのを把握するのに最も適しています。また、組織の中で1人1人の社員が働きやすい環境を作り上げるために、きちんと話し合うためのキッカケ作りにも役立ちます。組織の問題点は、一部の人間たちだけでは解決する事は出来ないという事を知っておきましょう。

[PR]
ビジネスマナーや電話対応の方法
講師派遣会社の利用が最適

仕事に対する意識を変える~組織改善を行った企業の声~

社員のやる気を取り戻せた

社員一人一人のモチベーションを上げることで、組織としての意識を変えることができました。

個人の価値観に目を向けることが大切

会社には、それぞれ違う価値観を持っている人が多く働いているため、個人個人の価値観や考え方を知る必要があると改めて思いました。

仕事の実績を上げることが出来た

ここ数年、だんだん社員の実績が悪くなっていました。その原因をエンゲージメントサーベイで把握することができ、今は改善を試みている途中です。心なしか、少しずつ社員のやる気が上がってきたように感じます。

働きやすい環境つくり

デスクワークにしても、周りの環境や社員同士の関係は大切なものです。個人業務が多いのですが、みんなが働きやすい環境にするためにも話し合いの場をもうけたいと思います。

お互いを知ることで課題や解決方法が見つかる

自分や他の社員に目を向けることで、改善できる課題や仕事に対する意識の向上を図ることができます。そのため、社員一人一人が組織のために何ができるのか考えて行かなければならないと思いました。

広告募集中