組織力向上に欠かせないエンゲージメントサーベイ

組織力向上に欠かせないエンゲージメントサーベイ

男の人

社内の現状を知ることから始めよう

エンゲージメントサーベイ調査は、従業員のやりがいや働きがいを向上させるためのツールとして、開発されたものです。エンゲージメントサーベイは、従業員は普段どういったことを考えて仕事をしているのか、不満に思っている事は何か、そしてどういった点を評価しているのかなどを知ることが出来ます。そのため、社内の現状を把握するために、欠かせないツールだと言えるでしょう。

男性と女性

調査方法をチェック

エンゲージメントサーベイ調査は、個人単位でも職場単位でも実施する事が出来ます。そのため、小さな組織単位で実施をする企業もあります。また、マネージャー層だけなどの、特定の階層に対して実施をする事も可能です。従業員の主体的な取り組みの支援のために調査をしたり、エンゲージメントの向上そのものをコンセプトにして活用する事も出来ますので、実に様々な調査方法があると言えるでしょう。

オフィス

話題のエンゲージメントサーベイとは

大きな企業では、それだけ沢山の従業員が働いているため、多様な考えや価値観が入り混じります。そのため、一部だけを抜粋してエンゲージメントをしても、意味がありません。エンゲージメントサーベイでは、従業員1人1人の組織に貢献したいという思いや、会社でどのように働きたいのかなどを明らかにする事が出来るため、
組織全体のエンゲージメントをアップさせる事が可能となります。

男女

診断結果のフィードバックで効果アップ!

エンゲージメントサーベイ調査は、組織単位でのフィードバック以外にも、個人のフィードバック、グループ内でのフィードバックを行います。自分自身の組織に対する思いや指向性を個人フィードバックで確認し、職場メンバーの結果を集計したグループフィードバックで、身近に居る人たちの思いを知る事が出来ますので、周囲との違いをきちんと理解したうえで、主体的な取り組みを考える事が出来るようになります。

組織診断サービス実地の流れ

ウーマン

調査実施の目的を明確にする

せっかくエンゲージメントサーベイを実施しても、その目的が明確でなければ意味がありません。何のために調査を実施するのかというのをきちんと考えたうえで、エンゲージメントを行いましょう。

どんな組織にしたいのかを定める

組織の現状を把握した上で、エンゲージメントサーベイ調査を行いませんと、結果の解釈が難しくなります。どんな組織にしたいのかというのは、経営状況や組織の状況によって異なりますので、調査を実施する前に明確にしておきましょう。

測定内容に漏れがないか確かめる

エンゲージメントサーベイ調査を行う前に、必ず測定内容はチェックするようにして下さい。内容に漏れがあると、最悪調査を行っても、現状のマネジメントに活かせない可能性が出てきますので、注意が必要です。

調査結果は得点だけを見ないこと

エンゲージメントサーベイ調査の結果を見る際には、各項目の得点だけを見ないようにして下さい。現場の実態を踏まえた上できちんとチェックしなくては、何故そのような得点になっているのかというのを、理解する事が出来ないからです。

調査前に解らない事はきちんと理解する

以上で挙げたとおり、エンゲージメントサーベイ調査はきちんと目的、活用方法などを理解していないと、測定結果を読み取るのに苦労します。調査を行う前に解らない事はきちんと洗い出して、理解をしてから始めましょう。

広告募集中